トップページ> プラグイン > レイアウト系

テクスチャなどのイメージを、更新日付をチェックしつつ再読込するプラグイン Auto Image Replace

 レイアウト用プラグインで、テクスチャなどのイメージを再読込する。

 Lightwave上で使われているテクスチャは自動的に更新されないので、画像ファイルの更新などを行った場合は、再読込する必要があるようだ。

 このプラグインをメニューなどに割り当てておけば、ワンクリックで再読込されるとのことだが、特に試していない。起動直後は強制的に全イメージが置き換えられるので、ケースによっては時間がかかりそうだが、二回目からは日付をチェックして更新されたイメージだけを差し替えてくれるなど、すこーし賢いっぽい。

 設定画面は特になし。

 試していないのでなんとも言えないが、「テクスチャの再読込」みたいな機能なので、地味に重要っぽい。

関連: 統合3DCGソフト Lightwave9.6とは? 

次のレンダリング結果の複数のバッファを一括保存する Buffer_Saverへ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> プラグイン > レイアウト系 もくじ