トップページ> その他 > メモなど

モデリングも静止画も動画もできる ミドルレンジの統合3DCGソフトウェア LightWave9.6

 2010年時点での正式最新版、Lightwave9.6について、覚書してみたい。

どういうソフトなのか?

 統合3DCGツール。「レイアウト」と「モデラー」というツールから成り立っている。モデラーはポリゴンモデリング、レイアウトはレンダリングやボーン設定、アニメーションなどを行うツールだ。

 全体的に操作感が古いのだが、数多くの有償無償プラグインにより、だいたいのことはできる。また、価格帯も趣味レベルのユーザが、気軽に、ではないが、なんとか買える範囲だ。(十数万円。たまにセールで十万円を切ることもある)

どんな機能がある?

モデリングツール
  • 連続面、ループ、アウトライン等各種選択機能
  • ポイント、エッジ、ポリゴン単位での移動・回転・拡大縮小の他、ひねり・テーパー・ベンド・マグネットなどの変形が可能。
  • そのほか、モデリングに必要そうな機能はひと通り揃っているが、特にこれといった目玉機能はない。一番の強みは、プラグイン、lscriptによる機能拡張がオープンになっている点で、それはもう、ものすごい数のプラグインが存在する。

 使いこなすポイントは、使いやすいようメニューやショートカットを自分好みにカスタマイズし、しっくりくるプラグインを選定するってことだと思う。素のままだと、なんだこの使いにくいツールは!とキーッとなってしまうんじゃないだろうか。私はキーッとなった。

レイアウトツール
  • 関節構造のキャラクターを設定できるボーン関連、また、関節構造のキャラクターを簡単に動かすための各種エディタなど。
  • ファー、ヘアーなど動物やぬいぐるみなどに毛を生やす機能(サスカッチライト)
  • 爆発や煙、液体っぽい表現が可能なパーティクル。
  • パーティクルに3次元的な質感を割り当てるHyperVoxels。よりリアルなホノオや煙を作ることができる。
  • ClothFX(服などの布の物理シミュレーション)、SoftFX(ゆれる胸や服のシワを発生させる物理シミュレーション)、HardFX(硬い物がぶつかったり転がったりする様子を物理シミュレーション)などの物理計算機能

 Lightwaveは、3DCGソフトの機能をひと通り揃えている。

定番プラグイン

 Lightwaveの強みは、なんといっても有償・無償のプラグイン。ここでは、定番プラグインとも言えるような有名プラグインを紹介したい。これらを導入することで、Lightwaveはプロ仕様のツールへと進化する…らしい。

unreal セルシェーディング(アニメ調にレンダリング)するためのプラグイン。

WORLEY LABORATORIESのプラグイン
 どれも完成度が高く、例えばシミュレーションやレンダリング時に余計なメモリを消費しないように作られているプロ仕様。ひと通り揃えたいが、それなりに高い。個人的にはTaft($99)だけでも入手したいところ。

  • FPRrime
    リアルタイムレンダリング。シーンになにか変更を加えれば、リアルタイムで最終レンダリングイメージが確認できる。これにより、自分のイメージする映像を出力するために「パラメータ変更→時間のかかるレンダリング」を繰り返す必要がなく、作業時間がすごく短縮される。私はまだ持ってないが、ほしい。
  • G2
    シェーディングとライティングプラグイン。リアルな人の肌を再現するヒューマンスキンシェーダー、高速なサブサーフェススキャッタリング、合成ツール、フレネルツール、フォトマッピング、鏡面反射ぼかしなど、おもにフォトリアルな画像をつくるためのプラグインが揃っている。FPrimeとももちろん連携可能。
  • サスカッチ(サスクワッチ?)
    動物の毛や人の頭髪などに使える、ヘアシミュレーション。物理計算機能も備えていて、毛をゆらしたり、なびかせたり出来る。
  • Taft
    カメラマッチング、イメージベースレンダリング、インタラクティブなダイナミクス、ヒートディストーション、オートマチック連射ウェポン、ポーズアニメーションという6種類のプラグインのつめあわせ。「インタラクティブなダイナミクス」はよく乳揺れアニメに使われているらしい。ほしい。
  • Polk
    33種類のプラグイン詰め合わせ。

Automaton Tools リグ(ボーン組み込み)用とモーション付け(アニメーション)用のツール集。フリー。

Poserとの相性は?

 素の状態だと、obj形式でのインポートができて、静止画がレンダリングできる、というレベルでの連携。あまり嬉しくない。

 ただし、PoserPro2010(または、旧PoserProでも可能)の機能、PoserFusion2010 for LightWaveを使えば、Poserシーン(pz3形式ファイル)が、そのままLightwaveで読み込める。

詳細ページ

NewTek
販売元。英語サイト

D-Storm
日本の販売代理店。独自の無償プラグインを数多く配布。

イーフロンティア
日本の販売代理店。ときどき派手なセールを行なっている。

amazon
Lightwave9.6の新品販売が常時10万円を切っているっぽい。→LightWave v9.6 Windows日本語版/通常版 

関連: 統合3DCGソフト Lightwave9.6とは? 


LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> その他 > メモなど もくじ