トップページ> モデリング > モデリング基本

線ポリゴンの作り方

 Lightwave9.6で、線ポリゴンを作りたかったが、マニュアルを読みまくっても、ネット上を検索しても作り方が見つからなかった。

 とりあえず、これで合ってるかどうかわからないが、目的は達成したので覚書しておこう。

 ポイントは「曲線を作ってから、プラグインで線ポリゴンに変換」ということだった。

線ポリゴンの作り方

 モデラーを起動

 作成タブ→曲線→ドローで、シーンに「曲線」を作る。

 (「曲線」と「線ポリゴン」は別物らしい。気がつくまですごい時間がかかった。)

 曲線を選択状態にして、「ユーティリティ」タブ→プラグイン→追加プラグインから、「Curve 2 Polygon」を選択

 線ポリゴン化というウインドウが出てくるので、セグメント数(曲線を分割する頂点の数ってことだ)を、好きに選んでOKをクリック。サスカッチという毛を生やすプラグインに役立つらしいので、それようのオプションが付いているが詳細はよくわからない。

 とにかく、これで無事に線ポリゴンができたのだ。

 野望への第一歩は線ポリゴン。歩き始めでつまずきまくりつつ、本日の覚書を終わる。

関連: 統合3DCGソフト Lightwave9.6とは? 

次のモデラーで、見えていない裏側のポリゴンを貫通して選択へ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> モデリング > モデリング基本 もくじ