トップページ> モデリング > モデリング基本

サーフェスに含まれるポリゴンを選択状態にする

 今回はLightwave9.6で、特定のサーフェスだけを選択状態にする手順を覚書してみたい。


▲特定サーフェスのみ選択状態に

 なんでそんなことがしたいかというと、そりゃあ複雑なモデルのポリゴンをちまちまクリックで選択するなんて気が遠くなるからだ。

 ところで、サーフェスとはなんなのかざっくり把握しておこう。

 Lightwaveは、ポリゴンの集まりをサーフェスとして管理していて、色や質感の設定はサーフェスごとにおこなっているようだ。

 よし、ざっくりだがなんとなく把握した。さっそくやってみよう。

やり方

 モデラーにデータを呼び出す。なお、データにはサーフェスがすでに設定済みなのを前提として話を進める。

 画面下部の「ポリゴン」をクリックして白反転させる(Ctrl+HでもOK)

 

画面下部の「状態」をクリック(またはwを押す)

「ポリゴン状態」ウインドウが表示されるので、少し下の方にスクロールさせ「Suf:(なし)」となっている箇所の▼マークをクリック

 

目的のサーフェス名(右横の数字はポリゴン数)をクリック

 

サーフェス名の左横にある「+」をクリック

 指定したサーフェスが選択状態になる。

 なお、+は現在の選択範囲に追加、-は選択範囲から取り除くという動きになるようだ。目的に応じてうまく使っていけばいいんじゃないだろうか。

関連: 統合3DCGソフト Lightwave9.6とは? 

次の点の集合体、ポイントセットを作るへ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> モデリング > モデリング基本 もくじ