トップページ> モデリング > モデリング基本

面の押し出し手順の不思議

 面の押し出し。それはもう、モデリングの基本中の基本すぎて、それがないと何もできないだろう、というぐらい頻繁に使う手順だ。


▲選択面を押しだした例

 だが、デイ・ストームのチュートリアルや、 LightWave Beginners では、若干不思議な手順を行っている。

 とりあえず、立方体の面を押しだす手順を見てってみよう。

やり方

Modelerで、適当なサイズの立方体を呼び出す。

画面右下の「ポリゴン」をクリックしてポリゴン選択モードにする。(またはスペースキーを何度か押してポリゴン選択モードにする)

立方体の面をひとつ選択状態にする。

 

SHIFT+f(スムース押し出し)を押す(メニューから、マルチ加工→拡張→スムース押し出しでもOK)

カーソルの形状が変わるので、選択面周辺で、慎重に一回だけクリックする。

 この手順で、見た目は全く変わらないけども、選択した面と全く同じ位置・サイズに新たな面が生成されているのだ。

 今回の不思議ポイントはここなのだが、まあ、とりあえず手順を続けよう。

t(移動)を押す(メニューから、変形→移動→移動でもOK)

カーソルの形状が変わるので、ドラッグして押し出した面を移動させる

 面の押し出し完了。

不思議な点

 わざわざ、選択対象と全く同じ位置に新しい面を生成してから移動する、という手順が不思議。ドラッグして、「ああ、ちゃんと押し出されたな」と確認してから移動すればいいんじゃないのか。それとも、私のうかがい知れない妙な不具合が発生するんだろうか。謎である。

 いろいろ試してみたところ、複数の面を選択して押し出した際に、「ドラッグ」と「その場クリック」では動きが異なるってことはわかった。けど、そういうのはおかしなノウハウで回避するよりも、開発元に文句言って直してもらったほうがいいんじゃないのかなあ、とも思う。

 直したら直したで、「以前と動きが違うので困る!」という文句が別のところから出るんだろうか。歴史のあるソフトというのは、それはそれで変なしがらみに縛られているのかも知れない。

 まあ、納得はしてないけども、とりあえずそれが一番確実な方法ということで、前に進みたいと思う。

関連: 初心者向けLightWave解説書 LightWave★Beginners 

次のサーフェスに含まれるポリゴンを選択状態にするへ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> モデリング > モデリング基本 もくじ