トップページ> モデリング > モデリング基本

ポリゴンをサーフェスに割り当てる

 LightWaveでは、ポリゴンを「サーフェス」という単位にグループ分けしておくと、サーフェス単位で色や質感(テクスチャ含む)を割り当てることができるようだ。

 けど、例によってマニュアルを読まずにフィーリングでやろうとしたら歯が立たなかったので、やり方を覚書しておきたい。LightWaveには、覚えればなんてことはないけど、知らないと全く歯が立たない、ということが多すぎる気がする。まあいいけど。

やり方

Modelerに何かしらオブジェクトが読み込まれているのを前提に話を進めよう。

Modelerにて、ポリゴンを選択する

画面下部の「色・質感ボタン」をクリック(または、キーボードのqキーを押す)

 私は、画面下部にくっついている「色・質感」というのが、「色・質感編集=Surface Editor」のことだと思っていて、そんなところをクリックしようとは夢にも思ってなかった。なんと、画面下部のこいつは「色・質感リクエスタ」というもので、選択したポリゴンをサーフェスに割り当てるためのものだったのだ。

 なんでわざわざ二つに分かれているのかは、よくわからない。わかりにくいだけじゃないのか。

 まあ、それはともかく。色・質感(サーフェイスの色・質感設定)というウインドウが表示される。

色・質感(サーフェイスの色・質感設定)の名称を新しく入力するか、三角ボタンをクリックして既存のグループを選択し、OKをクリック

 これで「ポリゴンをサーフェスに割り当てる」作業は完了。

 確認してみよう。

画面左の「色・質感編集」をクリック(または、キーボードのF5を押す)

 Surface Editorが表示される。サーフェイス名のとこを見ると、先ほど割り当てたサーフェイスが表示されているのが確認できると思う。

 あとは、サーフェイスに色々面白げな質感を割り当てていくわけだが、今の私はそこから先がよくわかっていない。続きはまた今度、という感じで今回の覚書を終わる。

関連: ポリゴンをサーフェスに割り当てる 

次のUV名(テクスチャ名)の変更方法へ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> モデリング > モデリング基本 もくじ