トップページ> 共通 > 基本中の基本

レイヤーに名前をつける

 LightWaveのレイヤー機能はどこに何が入ってるか忘れてしまうことが多々あるなあ、と思っていたら、名前をつけとく機能があったので覚え書き。

20090210.004.jpg
▲右上にある四角がレイヤー

 レイヤーはキーボードショートカット(フルキー側の1,2,3…)で切り替えられるので、中身を忘れたときは順番にキーを押して、目で中身を確認したりしていた。けど、レイヤーパネルというものがフツーに用意されてて、名前さえつけておけばそれをパッと見て、中身に何が入ってるかすぐわかるようになっていたのである。

 うむ、そりゃあそうだろう。

レイヤーパネルの出し方

画面左の「ウインドウ」→「レイヤーパネル」を選択

 レイヤーパネルが表示される。


▲レイヤーウインドウ 

 起動時に表示されないけども、超重要なレイヤーパネル。

 名称部分をダブルクリックで名前が変更出来る。

 また、オブジェクト名の左にある「F」(Front:前景)にチェックを入れると、全レイヤーがフロントに表示されるということも覚えておこう。

 なお、Modelerで目玉の部分のチェックをオン・オフしても何も起こらないなあと思ったら、これはLayoutでのみ動作するものなのだそうだ。ふうむふむふむ。

 といったところで、今回の覚書を終わる。

関連:

次の一つのビューを画面いっぱいに表示/元に戻すへ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> 共通 > 基本中の基本 もくじ