トップページ> モデリング > モデリング基本

グリッド平面を作る

 グリッド平面、という言葉が一般的かどうかはわからないが、下記のようなサイの目状に分割された平面を作る方法を覚書してみたい。


▲グリッド平面

 ざっくりしたやり方としては、「囲い面」で四角ポリゴンを作る→メタフォームで分割、という感じだ。実際にやってみよう。

やり方

画面上部の「作成」タブをクリックし、画面左の「ポリゴン」グループ内の「囲い面」をクリック

 

(適当なビューで)長方形になるように4回クリックし、Enterキーを押す

 なお、Ctrlを押しながらドラッグすると、直前にうった点の延長線上に点を打つことができて、ちょっぴり便利。表示オプション(dキー)の単位で、グリッドスナップ方式とスナップ値を変えるのもいいかも知れない。

画面上部の「マルチ加工」をクリックし、画面左の「細分化」グループ内「その他」をクリック。さらにメニューが出るので、「メタフォームプラス」を選択

 

MetaForm Plusウインドウが表示されるので、下記の赤いワクに分割レベルを入力して、OKをクリック

 入力した分割レベルが1なら4分割、2なら16分割、3なら64分割…と分割される。


▲できあがり

 多少手間はかかる気はするが、グリッド平面を作る、というのはモデリング作業上ではそれほど発生しないので、まあ我慢できる範囲だと思う。

関連:

次の一回り小さいエッジを作る (べベルツール使用)へ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> モデリング > モデリング基本 もくじ