トップページ> その他 > メモなど

LightWaveのUV展開に関する試行錯誤中のメモ

 まだ、わからないことが多すぎるのでとりあえずUV展開がらみのメモ。

UV展開の方法

  • UV展開は、展開したいポリゴンを選択して、画面上部メニューのマップ→画面左のUV/テクスチャグループ内のUV作成を選択でできる。
  • 展開方法は「平面」「球」「円柱」「アトラス」
  • 「アトラス」以外は、単純な形状(プリミティブ)にポリゴンを投影させて展開。いずれも複雑な形状の場合は、複数に分けて展開しないといけないなどコツがいる。
  • 「アトラス」は自動的にUV展開してくれるという、一件便利な展開方法だが、UVがバラバラになりがちでPhotoshopなどでテクスチャを作るときに苦労する。ただし、3Dペイントするからとりあえず展開できりゃあいいんだ、という場合には有効なようだ。
  • ユーザが作成したフリープラグイン「UVマッピング支援プラグイン」は、展開したい辺を指定して望みどおりに展開できるプラグインっぽい。modoやblender、hexagonなどが採用している比較的新しい、しかも使い勝手のいい方式のUV展開ができるようだが、まだ試していない。

仮テクスチャ割り当て

市松模様に番号振った感じのやつを作っておく。


▲もうちょっと細かいほうがいいかも知れない。

  • UV展開済みの(展開前でもいい)ポリゴンを、サーフェスに割り当てる(参考:ポリゴンをサーフェスに割り当てる
  • サーフェスにテクスチャを割り当てる
  • ビューの表示(ワイヤーフレームとかフラットシェードとか書いてあるとこ)をテクスチャワイヤーに変更
  • ビュー内にテクスチャを割り当てたポリゴンが仮表示される

UVの向きを合わせる

UV展開後、仮テクスチャなどを貼ってみると、テクスチャが反転していることがある。反転を調整する方法はこんな感じ。


▲テクスチャがひっくりかえっとる!

  • ビューの表示(パースとか上面とか表示されてるとこ)を「UV」に変えて、すべてのUVを選択
  • 画面上部の詳細→画面左のポイントグループ内の結合解除をクリック(または、Ctrl+U)
  • 反転させたい部分のUVを選択して、画面上部のマップ→画面左のUV/テクスチャグループ内のUV反転をクリック
  • 反転方向を選択してOKで、テクスチャが反転する
  • UVの編集作業が終わったら、結合解除したポイントを画面上部の詳細→画面左のポイントグループ内の結合、で結合しておく。

 反転するときに自動的に結合解除してくれればいいのに、と思う。いちいちめんどくさい。

その他

  • テクスチャのテンプレート(=UV)を画像として書き出したいのだが、どうやってやるのかわからない。できたら、LW内でやりたい。 (解決: テクスチャのテンプレートを画像形式で書き出すプラグイン
  • LWで用意されている標準のUV展開方法はなんだか、古い。プラグインが必須なのかも知れない。
  • 特定の面だけテクスチャが割り当てられていないな、と思ったら、その面をサーフェスに割り当ててなかった。
関連: テクスチャのテンプレートを画像形式で書き出すプラグイン  ポリゴンをサーフェスに割り当てる 

次のLightWaveが\65,000  2010/02/21までへ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> その他 > メモなど もくじ