トップページ> 連携 > Poser連携

Poserから取り込んだマテリアルの透明部分を反転させる

 Poserからフィギュアを取り込むと、まつ毛や髪など、透明マップを使っている部分が反転する。


▲左…取り込み直後 右…透明マップ反転後。 フィギュアは、 Victoria4

 本当は、スクリプトを駆使して「透明マップを全部反転」みたいなことを一発でできればいいのだが、私はまだスクリプトをよくわかってないので、地道に手動で設定を変えていこう。

やり方

 Layoutに、Poserフィギュアとマテリアル設定をimportしてあることを前提に話を進める。(参考:PoserフィギュアをLightWaveにImport

画面左の「色・質感編集」をクリック。(または、F5キーを押す)

 Surface Editorが開く。

Surface Editorのサーフェイス名から、透明マップを使っているサーフェイス名(ここではEyelash=まつげ)を選択
Surface Editorの「基本」タブ内の透明度の右にある「T」をクリック

 「T」が白っぽくなっているのは、何かが設定されている、ということらしい。

 テクスチャ編集ウインドウが開く。

テクスチャ編集ウインドウの「レイヤー反転」にチェックをつける

 これで完了。他にも透明マップを使っているパーツがある場合は、同様の設定を繰り返そう。

 うむ、ちゃんとイメージ通りにまつ毛が「抜けた」ようだ。めでたしめでたし。

関連: PoserフィギュアをLightWaveにImport その1  Victoria4 紹介 


LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> 連携 > Poser連携 もくじ