トップページ> その他 > わからない

Modelerで保存したオブジェクトをLayoutで読み込むと、三角ポリゴンに自動的に分割される(解決)

 LightWaveでは当たり前のことかも知れないのだが、すごく違和感があったので覚書。

 Modelerで以下のような形状を作って、オブジェクト(lwo形式)で保存し… 


LightWave★Beginners を見ながら作ったマイク。

 LayOutでオブジェクトを読み込むと、ポリゴンが勝手に三角形ポリゴンで分割される。

 だが、私のイメージとしては、四角ポリゴンのままでいてほしいのだ。こんなふうに分割されたら、モーフターゲット作るときとかに困るだろう。何かのスイッチが勝手にオンになっているのか、こうなってても困らない回避方法があるのか、今はさっぱりわからない。

 とりあえず、なんかおかしくない?ということを忘れないために、ここにメモしておいて、何かあったら追記することにしよう。うん。

(追記)

 メールにて、こんなことを教えてもらった。

Layoutで三角分割されてしまう件ですが、
これは、Modelerでサブパッチを有効にして保存したためです。

主にサブパッチを適用するオブジェクトは、Layoutで変形(ボーンや
モーフ、ディスプレイスなど)を前提としたものが多いと思いますが、
LightWaveでは、四角形のまま変形してしまうと、
四角形は非平面になってしまう可能性が大きいのです。
激しい非平面の場合、特にレイトレースでレンダリングすると
黒く穴が開いたようにレンダリングされてしまいます。

そのため、サブパッチを有効にして保存すると
レイアウトでは自動的にサブパッチオブジェクトとして認識され、
三角分割されます。

通常、モーフを設定する場合もモデラーではサブパッチの粗いケージ上の
ポイントを編集したりして作成します。

したがって、レイアウト上で三角分割したくない場合は、
モデラーでサブパッチをフリーズして分割を固定し、
サブパッチを解除して保存する必要があります。

 ううむ、ありがたいことである。非常にわかりやすい説明である。

 「四角ポリゴンを保ったままLayoutに持ち込むには、Modelerであらかじめフリーズしておく」とのことだ。実際にやってみよう。 

やり方

 まずはModelerにマイクを読み込む。「tab」を押して、サブパッチがかかった状態なのを前提として進めていこう。


▲サブパッチがかかった状態のマイク。 「ワイヤーシェイド」表示

画面上部の「構造」タブをクリックし、画面左の「変換」グループ内にある「ポリゴン化」をクリック。(または単にCtrl+D)


▲良く使う機能なので、ショートカットの「Ctrl+D」を覚えておいた方がよさそう

 この「ポリゴン化」がフリーズということだ。データは粗いポリゴンのままだけど仮想的に「まるっ」とした状態にするのがサブパッチで、まるっとした状態になるように実際にデータも分割してしまうのがポリゴン化、そんなような理解でとりあえず進んでいこう。

 うむ、たしかに実際にポリゴンが分割されたような感じの表示になり、これでポリゴン化が完了したようだ。

 
▲ポリゴン化されたもよう

 では、保存(lwo形式)して、Layoutで読み込んでみよう。

Layoutに読み込み、画面上部の表示方式を「ワイヤーフレーム」に変更。

 おお、ちゃんと四角ポリゴンのままLayoutに持ち込めている。

 またひとつ賢くなったところで、メールをいただいた方に感謝しつつ、今回の覚書を終わる。

関連: 初心者向けLightWave解説書 LightWave★Beginners 

次のポイントを連続して位置調整する方法はないのか?(解決)へ

LightWaveはモデリング機能とレイアウト(配置・レンダリング)機能を兼ね備えた拡張性の高い統合3DCGソフトです。
トップページ> その他 > わからない もくじ